海外遠征

萩原師「エピカリスは力を出せる状態だったが、主催者獣医師のせいで出走できなかった」

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/06/11(日) 09:18:52.85 ID:gFdfF8+x0.net
尚、当日朝の歩様は乱れていた模様

----------------------------------------------------------------
10日のベルモント競馬(ベルモントS・ダ2400m)は競走除外となりました。
「最高峰の舞台で勝ち負けするには、仕上がり具合が重要になります。
米国での追い切り後に蹄の不安が出たのは確かですが、そのあとは時間の経過とともにその症状は緩和していましたし、
当初から出国前にある程度は負荷をかけてほぼ仕上げた形で米国に向かったので、こちらでの調整は最後の味付け程度、いわば微調整と考えていました。
そういった観点からもこちらでの追い切りは思い通りに消化することができました。
不測の事態に備えて様々なことを想定したうえで余裕を持った臨戦過程を踏んだだけに、今回の不安は実際の馬の状態からも許容範囲と捉えていましたし、
レースではエピカリスの能力を発揮できることはもちろん、その後のキャリアに影響することはないだろうと判断していたのですが・・・。
主催者獣医師による最終的なチェックで、これが数日後であれば問題ないとの見解もあったものの、
あくまで現時点では歩様に違和感があるとのことで競走除外となってしまいました。
競走馬エピカリスのキャリアはもちろん、その先の将来を考えて、以前から温めていたプランで直前まで青写真通りに事を進めることができていただけに大変残念であるとともに、
応援いただいた方、とりわけエピカリスに出資いただいていた方には申し訳ない気持ちでいっぱいです。
とても残念ではありますが、このあとは皆様に愛馬の勇姿をお見せすることができず帰国することになりますが、それまでの時間も無駄にすることなく、
今後に向けて経験を積ませるように本馬場での乗り運動を行うなどしつつ、併せて可能な限りのケアを十分にしていきたく思います」(萩原師)

続きを読む

エピカリス2日連続馬場入り中止wwwwwwwww

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/06/09(金) 20:20:49.74 ID:GxKjt00u0.net
なお出走する模様

続きを読む

オーストラリア・コックスプレートの招待馬にマカヒキとネオリアリズムが選出

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/06/08(木) 19:36:42.71 ID:W+umBKwy0.net
川上鉱介‏ @kosi0924
オーストラリアの中距離レースの最高峰である、国際招待G1・コックスプレート。日本からはマカヒキとネオリアリズムが招待されました、相手は世界最強牝馬のウィンクス!
日本馬との対決はぜひ観てみたい!
https://twitter.com/kosi0924/status/872703672030973952

続きを読む

ケンタッキーダービー主催者、日本馬の招致に必死になる

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/06/08(木) 14:33:37.00 ID:7if3Me5P0.net
ケンタッキーダービーは日本馬を招致できるか(アメリカ・日本)[開催・運営]
http://www.jairs.jp/contents/newsprot/2017/22/3.html

エピカリスの関係者は、ベルモントS(G1 6月10日)に同馬を出走させるとNYRA(ニューヨーク競馬協会)に伝えた。
これにより、ニューヨークで開催されるベルモントS(1½マイル)は、日本で馬券を発売する最初の米国三冠競走となり、
大きな利益をもたらすチャンスを手にするだろう。

その一方で、チャーチルダウンズ社(Churchill Downs Inc.: CDI)は、ケンタッキーダービー(G1)の国際的な魅力と収入を増加させることを期待して、
来年こそ日本馬が同レースのスターティングゲートに入るように再度勧誘を試みるつもりである。

(中略)

日本では毎年いくつかの海外レースの馬券発売が認可されている。海外レースに日本馬が出走すれば、馬券が発売される可能性が高まる。

NYRAとJRAの契約に基づき、日本でのベルモントSの馬券発売は、共同プールではなく日本の独立プールで実施される。

NYRAの競馬運営担当上席副理事長であるマーティン・パンザ(Martin Panza)氏は、
「NYRAはここ2年、この案件について取り組んできました。そして日本のホースマンや競馬ファンから良い反応をもらいました」と語った。

CDIのCEOビル・カースタンジェン(Bill Carstanjen)氏は、
2017年ケンタッキーダービーに日本馬を誘致していれば、財政面でのボーナスをもたらしただろうと語った。

CDIがJRAと共同で立ち上げた"日本からケンタッキーダービーへの道"は、
日本のマイル戦2レースにおいて獲得ポイント数で最上位の馬にケンタッキーダービー出走権を与える
(獲得ポイント数で3位の馬までは、上位の馬の辞退による繰上げで出走できる)。
しかし今年は、これら3頭のいずれもがケンタッキーダービーに遠征しなかった。

続きを読む

ベルモントS、クラシックエンパイア回避。エピカリスが1番人気へ

2: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/06/07(水) 21:37:43.49 ID:mqofoKad0.net
これもう半分優勝だろ

続きを読む